ネズミあるある被害!

こんにちは。更新も遊びも手抜きし始めてる布施です😂

さて、今回はネズミあるあると言うことで、ネズミ被害の一例です。以前に当ブログで天井裏の電気の配線を齧る被害を写真付きで掲載していますが、今回はそのネズミが家に侵入する経路の代表的な箇所をお伝えします!

それが基礎にある通気口ですね。そうです!床下に風を通すためのアレです。今でこそ基礎パッキン工法と言って通気口がないお家が主流になっていますが、今でもあるんですねー。新潟にはまだまだあるんです。

そしてその通気口からどうやって侵入するか。。。それがこちらです!



よく見ると、穴が繋がっています。これはネズミが齧って穴を広げた痕跡です。と言うことはここからの侵入が濃厚だということになりますね。ネズミは一生歯が伸び続ける生き物で、常に硬いものを齧って前歯を研ぐ習性があります。ですから樹脂製の通気口はネズミにとっては余裕なわけです!



他にも色んな所から侵入可能ですし、ハツカネズミの幼獣にいたっては約7ミリの隙間からも侵入が可能という絶望的な状況。ですから通気口のネズミ対策となると、この樹脂製の通気口を金属製で分厚いものに交換してあげれば良い!ということで、弊社ではステンレス製のメッシュや厚さ1ミリのアルミ製のパネルを取付けて侵入を防止します。



基礎に穴を開けステンレス製のビスで直接固定しますので、経年劣化にも強く安心していただけます。ハッキリしていることはネズミの駆除で一番重要なのは、物理的な防除です!これに限る!いくら市販品の毒エサや超音波、粘着シートなどを設置しても侵入口が開いた状態ではその地域にいるネズミが絶滅でもしない限り無限に侵入され、いつの間にか家の中がディズニーランド状態なんて家もあるとか無いとか。。。

必ず塞ぐ場合は通気も確保できる資材を使用しないと床下の環境も悪化しますので、そういった事も含めて全てお任せください!新潟県・山形県・福島県でネズミでお困りの方、調査見積りは無料となっていますのでお気軽にお問い合わせください!